So-net無料ブログ作成
検索選択

30分で遺伝子診断 血液一滴で薬の効果判定 [ニュース]

薬の効果を判定できる世界最高速の遺伝子診断法を、理化学研究所などが開発。この方法を使って、肺がん治療の抗がん剤「ゲフィチニブ」(商品名イレッサ)の効果の違いを調べる臨床試験を3月から始めるというニュースが18日付の米科学誌「ネイチャーメソッズ」(電子版)に発表されたという。

父にもイレッサを使おうとDRrから相談された経緯もあり 興味津々で読みました。
理研の林崎良英ディレクターは「診断試薬を変えれば、酒の酔いやすさも診断できる。さまざまな遺伝子診断に応用可能で、オーダーメード医療の普及につながる技術だ」と話している。ということですが・・・他の重大病気の遺伝子治療に発展していただきたいものです。

お酒の酔いやすさは そのついでで・・・
先日TVで 放映していた 難病「ムコ多糖症」(参考URLhttp://www.muconet.jp/)の治療薬が効果あるかないかなどを検査できれば、厚生省も認可を早期に出せるのでは!!と。

わが末っ子の治療にも 遺伝子治療が 進みますように・・・と思いつつ。
今回の医学の進歩に拍手を送りたい・・・


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 3

旅爺さん

私もテレビで遺伝子診断法やムコ多糖症とも見てました。
どうしてやりようもないお気の毒な方の治療薬の完成を一日も早く確実なものとして使える様、祈るばかりです。
by 旅爺さん (2007-02-19 11:05) 

okko

世の中には、私たちの知らない難病が多いですねェ。ワタシもテレビ、見ました。遺伝子治療・・・・次の時代に託された課題ですね。
by okko (2007-02-19 15:12) 

mako

旅爺さん さま>
niceありがとうございます
もっと早く もっとちゃんと・・・ って思うあたしです。
命が つながる 薬ですから。

okkoさま>
niceありがとうございます
なんだか やるせないですよね・・・たくさんの心(署名)がなかなか反映されないって。

水郷楽人さま>
niceありがとうございます
by mako (2007-02-24 10:44) 

トラックバック 4

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。