So-net無料ブログ作成

中国人には理解できない日本の「変態」文化

2008年9月24日、香港紙・文匯報は「日本のアダルト文化の日常的基礎」と題したコラムを掲載、アダルトビデオや成人向け雑誌、風俗街など中国人の目から見ればあまりに「変態」的なものが日常生活にあふれている日本文化について解説した。26日、中国新聞社が伝えた。
と。
あまりにも変態って(笑)

日本に来て アキバで成人用コミケのコーナーで場所を陣取って動かない中国人がいるという実体。

ーーーーー
性に関しては道徳的にも法律的にも厳しい制限がある中国人の目から見れば、日本は驚きの国にほかならない。コンビニには成人向け雑誌が並び、若者もスーツ姿のサラリーマンも恥ずかしがりもせず立ち読みしている。どこの街にいっても風俗街があるが、中国とは異なり、整然と営業している。なかには観光案内所のような案内所まで設けられている場所もある。
同誌によれば、こうした日本のアダルト事情を中国人は日本起源の言葉「変態」で理解し、いわば「常態」から逸脱した世界が日常に入り込んでいることに、驚いたり批判の目を向けたりしている。しかしこうした見方は中国人の視点から日本文化を評価する、比較文化の視点から見れば誤った方法に過ぎないと同紙は指摘する。
つまり日本のアダルト分野における「変態」とはなにか正常なものと対立する概念ではなく、そもそもが日常と融合したもので何も不思議なことはないのだ。それは日本最大の同人誌即売会コミックマーケットでは同人誌の8割がアダルト関係であり、今では親子連れの参加者が恥ずかしがりもせず一緒にボーイズラブ(少女向け男性同性愛)の本を買っていることからも読み取れる。あるいは中国人が奇異の目を向けることに対し、日本人はこう答えるかもしれない。「あなたたちは何をそんなに驚いているんだ?」、と。(翻訳・編集/KT)
ーーーーーー
それならば・・・
2008年9月27日、「中国新聞網」は香港紙「文匯報」の報道の香港では現在、援助交際の相手を探せる人気の出会い系サイトが主なもので10サイトあるが、今年初めからは会員制システムをとり地下に潜るサイトが増えている。そのようなサイトには援助交際をしたい少女らのプロフィールが載っており、年齢や容姿、援助が必要な理由や交際の中身などが詳しく掲載されているという援交のニュースはどうなんでしょ!?

あたしてきには・・・9月3 日にも とりあげた人を殺して遺体を売る中国人が理解できないなぁ~~


まして・・・性的なものは 日本人だけではない。
諸外国でもみな同じような 性文化がある。
日本は隠してないだけだと思うのだ。

女性への暴行などは どこの国でも許して欲しくない・・・・・・・・。
ただ、纏足で女性を商品のようにしていた国と 戦場へ女をまきこまないためにお小姓をつれて(男色)を認めた日本・・・大差ないと思うんだけどなぁ~~



おたがいさま。
そんなニュース でした。

nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7

コメント 4

南雲しのぶ

日本人は変なところで隠して、変なところで開けっぴろげですよね。
迷惑メールを観ていてもよく感じます。
それだけ需要があるんでしょうか???
by 南雲しのぶ (2008-09-29 17:29) 

たいへー

まあ、行き過ぎは否定できませんが、
あんたに言われたくない・・・とは思う。(笑
by たいへー (2008-09-29 18:28) 

sirokuma

規制をかければ地下で行われます。
オープンの方がまだ良いのでは・・・でも行き過ぎは青少年の人間形成に悪影響を及ぼします。 ほどほどに・・・・・・・

しかし、自国で認めたくない事柄を「変態」と決めつけるのはむかつきますね・・・・・
by sirokuma (2008-10-01 19:55) 

mako

水郷楽人さま>
niceありがとうございます

南雲しのぶさま>
需要・・・・・・・・・あって欲しくないですね。

たいへーさま>
niceありがとうございます
同類だろ~~ めくそ、はなくそを笑う だわっ
って思ってしまいました。

nomameさま>
niceありがとうございます

pomiさま>
niceありがとうございます

sirokuma さま>
niceありがとうございます
どこの国でも 似たような性分化はあると思うのです。ただ・・・それを君子づらして変態というのはいかがなものか と思ったものですから。
明るく ある程度子供にも話せる程度であったらな とも思いますけどね。

MIYABIさま>
niceありがとうございます

flutistさま>
niceありがとうございます

by mako (2008-10-04 06:04) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。